歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め、初島で特殊詐欺撲滅パトロールを行った。約2年半前から静岡県内に在住している橋さんは、熱海市の事情にも詳しく、「地域住民のだれもが知る国民的スターであるばかりでなく、警察官の魂ともいえる『この道(警察歌)』『この世を花にするために(機動隊応援歌)』を歌っており、警察官の信頼が厚い」ことから、本間章浩署長が一日警察署長を依頼した。


同署で開いた委嘱式で、同署長から委嘱状を受け取った橋さんは、駐車場で待つ署員に訓示。「新型コロナウイルスとの戦いは、医療従事者の皆さんの力で収束が早まりつつあるが、危惧されるのが、コロナに関連する詐欺や盗難事件。市民はどんな時も警察が見守ってくれるから、安心して暮らせる。感染の第2波が来るかもしれない不安もあり、目に見えない敵と戦う難しさもあるが、警戒を徹底させましょう」と述べた。続いて近隣住民約60人と交流し、4月以降のステージがコロナの影響で順次9月以降に延期になったスケジュールなどを紹介し、安全のためには「三密対策やコミュニティーをしっかり築いていくことが大切」などと語った。

初島へは、熱海署のパトロール艇「はやぶさⅡ」で移動。新藤康晴初島区長、宮下泉地域安全推進委員、新藤茂貴消防団第9分団長とともに定期船待合施設「Shima Terrace(シマテラス)」をはじめ、食堂街、初島小中学校などを巡回。啓発グッズなどを配りながら、詐欺防止や防犯を呼びかけた。
新型コロナウイルス対策で国民に1人10万円が配られる「特別定額給付金」の給付が始まり、全国でコロナに便乗した新たな詐欺や警察官、家電量販店をかたってキャッシュカードを取りに行くサギ電が多発している。熱海署は橋氏の一日署長に合わせ「とどけ 安全の架け『橋』地域安全パトロール」を企画実行した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る