政廣ゆかりの「ハス」、澤田政廣美術館で花盛り 木彫「蓮華」のモチーフ

熱海市の澤田政廣美術館で政廣ゆかりハス(蓮)の花が咲き誇り、入り口の池の一角を鮮やかなピンク色で染めている。このハスは、昭和50年半ばに、門人の一人から譲り受け、私邸(東京都世田谷区)の庭で大切に育てていた政廣ゆかりの花。

政廣はこのハスをこよなく愛し、毎年、花が咲くのを楽しみにしていた。同美術館には政廣の没後、平成元年に植えられた。政廣の作品には、木彫「蓮華(れんげ)」、墨彩画「蓮上童子」など、ハスをモチーフにした作品が数多くある。
泥の中から生長して美しい花を咲かせる気高く清らかな姿に、古代の人達は極楽浄土を見たと伝わる。仏教では慈悲の象徴とされる。

ハスの見頃は午前7時~9時頃で午後になると花びらは閉じてしまう。花の開閉は3回ほど繰り返され、4日目には花びらが散り、最初の2日間ぐらいが見頃という。観に行く場合は朝の散歩などで良さそうだ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る