熱海市、高齢者や基礎疾患者を対象にPCR検査助成 自己負担は5千円

熱海市は、新型コロナウイルスの重症化リスクが高い65歳以上の高齢者(1万7345人=8月末現在)と糖尿病や高血圧などの基礎疾患のある市民を対象に、PCR検査の費用を助成する。
本人の希望による任意で検査を受ける場合、自己負担5千円を除いた費用(上限2万円)を市が負担する。期間は来年2月までで助成は1人につき1回限り。検査は市内2病院と13クリニックが受託する予定。11月25日に開会する市議会11月定例会に提案する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る