師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが満開を迎えた。多賀湾を背景に可憐な淡いピンクの花を無数に咲かせ、同校生徒や観光客の目を楽しませている。
冬に花を付けるこの早咲きの桜は1968年に原産地ネパールのビレンドラ元国王(当時は皇太子)から桜の種を贈られ、市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育てた。原木のある熱海高校前の傾斜地、多賀中学校体育館脇、長浜海浜公園では満開。網代駅近くの月見ヶ丘公園でも今週末には満開となりそうだ。この時期に桜と紅葉をともに楽しめるのは熱海だけ。稀有。
(熱海ネット新聞)
撮影・12月1日

■市内のヒマラヤザクラ 県立熱海高付近の傾斜地(1本=親木)、渚親水公園(2本)、多賀中学校体育館脇(2本)、さくらの名所散策路(14本)、長浜海浜公園(29本)、月見ヶ丘公園(1本)=計49本

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る