標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い花を咲かせる「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」が咲きだし、本格的な春の訪れを告げている。標高標高450mから700mにある同公園では、例年は4月初旬に見頃を迎えるが、今年は梅や桜同様に2週間以上早い。
管理棟前の大島桜(オオシマザクラ)も見頃を迎えた。この白い桜は目に鮮やかなだけでなく、花と葉に香りがあることが特徴。桜餅に使われる葉の大半がこの桜で餅桜とも呼ばれている。熱海梅園では見頃過ぎに入った梅も咲き、訪れた人たちが季節の変わり目を楽しんでいる。
(熱海ネット新聞)
写真=3月3日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
  2. 2022-5-19

    【お悔やみ】橋本政夫さん(熱海市小嵐町)5月16日死去

    橋本政夫さん(はしもと・まさお)5月16日死去、85歳。熱海市小嵐町。通夜19日午後6時。告別式20…
  3. 2022-5-19

    自民・阿達参院議員 20日午後6時〜熱海芸妓見番で国政報告会 

    自民党の阿達雅志参議院議員(全国比例)は、5月20日午後6時から熱海芸妓見番で国政報告会を開く。自民…
  4. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
ページ上部へ戻る