副市長2人制 熱海市議会で可決 市職員•稲田達樹氏の選任案を承認 

熱海市議会は3月17日、副市長の定数を2人とする条例改正案を賛成多数で可決した。これを受け、齋藤栄市長は副市長に市職員の稲田達樹氏(58)を選任する同意案を追加提出し、賛成多数で可決した。武蔵大学経済学部卒。1985年から市職員を務め、経営企画部次長、観光建設部長、消防長などを歴任した。就任は4月1日付。任期は4年。
経済産業省から出向している金井慎一郎副市長は、経済対策や産業部門、熱海市出身の稲田氏は市民生活部門を主に担当する。
(熱海ネット新聞)
■稲田達樹氏 齋藤市長の補佐役として、事務方とのパイプ役として、金井副市長と力を合わせて誠心誠意努めさせていただく。職員の意見に十分に耳を傾けることと、熱海に対する思い、行政推進に対する情熱で経験不足を補いたい。
■齋藤栄市長 稲田氏は財政運営や観光産業施策など、豊かな行政経験を持つ。その優れた識見を、熱海市の発展のために発揮していただきたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る