パラリンピック聖火 熱海市では打上花火の玉皮から採火 共存社会へ願い込め

東京パラリンピックの聖火として東京に送られる「熱海の火」の採火式が8月17日朝、熱海市役所前であった。採火式は、県内35市町がそれぞれ趣向を凝らして行い、熱海市では、市の名物である打上花火の材料の一つである玉皮(5号玉)を燃やして採火した。

全国身体障害者スポーツ大会の砲丸投げで金メダル、卓球で銀メダル獲得経験を持ち、現在も競技活動を続ける堀部淳子さん(市身体障害者福祉会副会長)と齋藤栄市長が火をともし、ロウソクでランタンに移して市職員が県内の集火式が行われる日本平夢テラス(静岡市)へ運んだ。
採火式は当初、渚親水公園レインボーデッキで予定していたが、雨天のため、市役所に変更。越村修市議会議長、市体育協会、市身体障害者福祉会役員、大会関係者ら約20人が出席して開かれ、市長は「熱海の火には市民の東京パラリンピックの成功、共存社会推進への思いが込められている。大会を通じて障害者スポーツの裾野が広がることを期待している」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る