朗報 静岡県民割の「隣県」追加に東京も 伊豆大島つながりで特別措置 

熱海湾で11月21日、2夜連続の秋季熱海海上花火大会が開催された。同日夜は全国的に雨が予想され、途中から小雨がぱらついいたため、観衆は3千人(主催者発表)と少な目だった。
先に観光庁は都道府県独自の県内旅行を割引く「県民割」について11月19日以降、「ワクチン・検査パッケージ」の活用を前提として、準備が整った都道府県から対象に「隣県」を追加すると発表した。当初、静岡県の対象は神奈川、愛知、山梨県の3県と思われたが、東京都も加わることが分かり、期待感が高まっている。


地元選出の勝俣孝明衆院議員らの働きかけで、熱海に“隣接“する「伊豆大島」つながりで、東京都が「隣県」扱いとなった。県民割は、県内の対象施設で宿泊すると、旅行代金が 1 人 1 泊当たり 5 千円を上限に半額になる宿泊割引キャンペーン。旅行割引利用者には、飲食店や土産物店、観光施設等で利用できる地域クーポンが 1 人 1 泊当たり最大 2 千円が付き、さらに熱海市独自の2 千円の同クーポンも付く。県は実施時期について「準備が整い次第」としているが、1日も早い施行が待たれる。
次回の花火開催は今週末の27日(土)。12月は忘年熱海海上花火として5日(日)、12日(日)、18日(土)、25日(土)に打ち上げる。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る