【経済】熱海後楽園ホテルのタワー館がバージョンアップ みさき館閉館で全面改装

熱海市で一番収容能力があり、団体客の受け皿になっている熱海後楽園ホテルのみさき館(142室)が8月末をもって営業を終了するのに伴い、同ホテルはタワー館(93室)の15~17階の21室を「エクセレンシィフロア」をバージョンアップするなどの全面改装工事を行う。「エクセレンシィフロア」では和室をベッドも備えた和洋室に変更し、高層階の宿泊者専用の貸し切り露天風呂やラウンジを新設。2020年の東京五輪をにらみ、国内外から富裕層の旅行者を誘客する。平日は1泊2食付きで約3万円(2人利用)で、客単価は8000円上昇する。
後楽園ホテル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

  2. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

  3. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

  4. 2022-8-5

    第二小5年の安斎くん、市長に優勝報告 静岡県学年別柔道大会V

ページ上部へ戻る