【文化】荒多恵子写真展「杜の精」 来宮神社の歳時記

来宮神社の四季や歳時記を撮り続けている熱海市在住の写真家・荒多恵子さん(52)の写真展「杜(もり)の精」が11月18日、同神社の大楠ガーデンで始まった。東京、名古屋で開いた写真展の里帰り展。荒さんは都内から熱海に移住した5年前から来宮神社の様々な写真を撮影。今回は約1万点の中から厳選した18点をモノクロ作品で並べている。23日まで。
時間は10時~16時、雨天の場合は中止。
写真=熱海市広報

ara2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る