【市政】起雲閣、次回は指定管理者を「公募」 市内団体との競争に期待

これまで非公募で決められてきた起雲閣の指定管理者について、熱海市は次回(2018年4月か2023年3月)から公募することを決めた。13日の市議会総務委員会で市当局が明らかにした。対象は市内で活動するNPO法人や任意団体だが、実績にある市内外の民間企業と合同でも可。公募は2017年度中に行い、従来通り料金収受代行制を採用する。市は現指定管理者のNP0法人あたみオアシス21の実績を評価しつつも、より良い効率性と透明性を目指して公募に踏み切った。契約は5年。
◆料金収受代行制 入館料は全て市に入れ、市から指定管理料と総収入額が目標額を上回った場合、報奨金を得るインセンティブ契約。

img_6532ss-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る