【文化】「熱海温泉誌」売れ行き好調、1千冊増刷 アマゾンで部門別1位

市制施行80周年を記念して熱海市が温泉街として発展してきた歴史をまとめた冊子「熱海温泉誌」(定価3000円)の売れ行きが好調で、1000冊増刷することになった。市内書店と大手ネット通販アマゾンで販売しているが、アマゾンの書籍売れ行れ筋ランキング「日本の地域経済」部門でトップに立っている。4月10日の販売開始から1カ月余りで初版3000部のうち、2620部(5月25日現在、贈呈分954冊含む)がはけ、完売が近い。
ただ増刷には1000冊につき419万円(1冊4190円)かかることから、市は6月定例会で一般会計補正予算案に事業費419万円を計上する。
◆齊藤栄市長 わずか1カ月で増刷。予想以上の売れ行きで驚いている。全国温泉所在都市の会議でも好評で、ロングセラーに育てたい。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る