【文化】「熱海温泉誌」売れ行き好調、1千冊増刷 アマゾンで部門別1位

市制施行80周年を記念して熱海市が温泉街として発展してきた歴史をまとめた冊子「熱海温泉誌」(定価3000円)の売れ行きが好調で、1000冊増刷することになった。市内書店と大手ネット通販アマゾンで販売しているが、アマゾンの書籍売れ行れ筋ランキング「日本の地域経済」部門でトップに立っている。4月10日の販売開始から1カ月余りで初版3000部のうち、2620部(5月25日現在、贈呈分954冊含む)がはけ、完売が近い。
ただ増刷には1000冊につき419万円(1冊4190円)かかることから、市は6月定例会で一般会計補正予算案に事業費419万円を計上する。
◆齊藤栄市長 わずか1カ月で増刷。予想以上の売れ行きで驚いている。全国温泉所在都市の会議でも好評で、ロングセラーに育てたい。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る