【社会】今年一番大きな満月、熱海を照らす 萌えるモミジと「オレンジ」の共演


地球に近づくため大きくて明るい満月「スーパームーン」が12月4日未明、熱海でも観測することができた。国立天文台によると、今年最小だった6月9日の満月に比べて1割以上大きく、約3割明るかったという。熱海梅園ではいオレンジに彩られたカエデの木々の上にオレンジ色のお月様が姿を現し、冷え切った園内をまぶしく照らしていた。
(熱海ネット新聞・天体取材班)
■最接近 月は楕円(だえん)の軌道で地球を回っているため、月と地球の距離はおよそ35万~40万キロの間で変化する。近いと大きく明るく、遠いと小さい。この夜は約35万8千キロで、今年の満月で最も近かった。
■次の満月 1月2日で来年中で地球に最も近く、「最大」。その次の1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食が全国で観察できる。


紅葉と梅と満月のコラボ、日本で唯一無二

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る