【社寺】弓の儀式、「三三九手挟式(さんさんくてばさみしき)」奉納/伊豆山神社

伊豆山神社の例大祭神事の後、境内裏で鎌倉時代から受け継がれる弓馬術礼法小笠原教場の弓の儀式「三三九手挟式(さんさんくてばさみしき)」が古式にのっとり行われた。
小笠原流は、初代長清が源頼朝の弓馬術礼法の師範となり、子孫らも江戸時代まで師範として将軍家に仕えた。静岡県弓道連盟が仕切って行われ、熱海市の室伏勲さんをはじめ、介添え役も含めて群馬、神奈川、静岡などから20人ほどが参加した。
武者姿の人物が「始めませえ」と宣言し、三三九手挟式がスタート。今年も武士の礼服「直垂(ひたたれ)」などを着た10人の射手が、細かく定めた所作をこなして9間(約16メートル)先にある直径約30センチの的を正確に射、五穀豊穣(ほうじょう)や厄よけなどを祈った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る