赤尾光一氏が立候補表明 9月2日告示9日投開票/熱海市議補欠選挙

 

熱海市議補選(欠員1、9月2日告示、9日投開票)に元熱海青年会議所理事長で飲食店経営者の赤尾光一氏(47)=熱海市田原本町=が6月12日、いきいきプラザで記者会見し、自民党公認での立候補を表明した。後援会長の鈴木恵次氏、藤曲敬宏県議、稲村千尋自民党熱海支部幹事長が同席した。任期満了に伴う市長選に合わせて行われる同補選への出馬表明は初めて。
赤尾氏は出馬について「前々から、どこかのタイミングで出馬を考えていたが、家庭の問題、仕事の問題がクリーンになったので昨年冬に決意した。旅館ホテルは人手不足で予約が受けられない。飲食店も毎日営業できない。そんな話を聞いている。人手不足の問題に取り組む必要性を感じた」と説明。齊藤市政には「全体的には賛成だが、一つ一つの政策を自分なりに判断して是々非々やっていきたい」と述べた。
重点政策に▽住みやすいまちづくり▽観光のさらなる飛躍▽安心安全のまちづくり-を挙げた。
市長選には4期目を目指す現職の齊藤栄氏(54)がすでに立候補を表明しているが、今のところほかに出馬の動きはない。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■藤曲敬宏県議の話 これからの世代のリーダーに期待し、応援させていただく。自公政権と熱海をつなぐため、自民党の公認で立候補した。基幹産業に従事しており、パイプ役になれると思う。
■赤尾光一(あかお・こういち) 昭和45年、熱海市生まれ。桃山小、熱海中学、日大三島高、日大理工学部を経て東洋建設入社。平成14年からアカオ商店役員。熱海料飲連合会副会長。元熱海青年会議所理事長。妻と1男2女。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る