【編集室】熱海の散骨場建設、実行されれば「日本第一号」

熱海市熱海の初島を望む山林に民間業者が散骨場の建設を計画し、周辺住民が反対している問題で、住民側が窮地に立たされている。市は「あらゆる可能性を検討したい」と繰り返しているが、動きが鈍い市に代わって、周辺住民を支援する政府与党の市議が21日、厚生労働省を直接訪ねて今回の問題を調査した。

 

結論は、散骨は規制されておらず、「墓埋法(墓地、埋葬等関する法律)に抵触しない」との見解が示されたという。業者は3月末に市の風致地区の土地形状変更許可も得ており、現状では計画を中止させるのは難しいのが実情。石破茂幹事長、野田聖子総務会長に会って現状を説明、協力を要請した。

 

田辺国治副市長によれば、市が4月18日に「事業を一時見合わせてほしい」と行政指導したところ、業者は応じる構えを示しながらも「損害賠償が生じる可能性」を示唆したという。しかし、計画通りに建設、販売されれば1区画9万円で8000区画。しめて7億2000万円。この補償を誰が負担するのか。住民側が応じるのか、市税を投入するのか。

 

それより何より、業者は市の行政指導に応じるそぶりを見せながらも、4月21日には熱海市清水町から熱海市熱海の山林の住所へ「本店」の移転登記を済ませている。高額の損害賠償に応じなければ、予定通り、建設するという意思表示である。

 

国内で「散骨場建設」の動きは他にもあるが、いずれも反対訴訟などでとん挫しており、もし計画通りに強行され、熱海に散骨場が建設されれば、日本第一号になる。観光を基幹産業とする熱海市民が反対の署名集めに躍起になるのもうなずける。後手に回ってしまっただけに解決には時間がかかる。
(編集主幹・松本洋二)

 

DSC_0788ssp

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る