【例大祭】こがし祭りのお囃子練習始まる 熱海の夏の風物詩

今月14日から3日間行われる来宮神社例大祭を前に1日夜、「熱海こがし祭り・第46回山車コンクール」(15、16日)に参加する市内各町内会の子供たちが「熱海囃子(ばやし)」の稽古を一斉に始めた。午後7時をすぎてようやく日の入りを迎えると、街のあちらこちらから聞こえてくる囃子の音が熱海の暮れかかる空に響き渡った。

糸川遊歩道では、友楽町町内会の子供たちが十数人集まり、原芳久さんの指導の下で交代で太鼓をたたき、1年ぶりの稽古に取り組んだ。この日の稽古は小学生低学年が中心だったが、徐々に高学年、中学生も加わり、祭り前日の14日まで続く。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る