【観光】ジージー鳴り響くセミの声、お盆休みに癒し求め中山晋平記念館へ

お盆休みを熱海で過ごす観光客や別荘族がピークを迎えた13日、JR熱海駅には大きな荷物を手にした人の姿が目立ち、市中心部の道路が多くの車で混み合った。観光客らが密かに訪れていたのが、熱海梅園の中山晋平記念館。深い緑に包まれ、庭先には濃いピンクの百日紅(サルスベリ)の花。そこにジー、ジーと鳴り響くセミの声。8月も半ばを迎え、海遊びに飽きた観光客たちが、日本庭園の静かなたたたずまいの中で日常の疲れを癒している。

この記念館は、中山晋平の別荘として昭和10年に熱海市西山町の建設されたものを移築したもので、邸内には「熱海節」を作曲(作詞西条八十)した昭和初期の熱海で最初のピアノが展示されている。

DSC_6937ss

 

DSC_6933ssDSC_6998ss内田滋ピアノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る