【編集室】えっ、あの梅の木が! 熱海梅園で「早咲き梅」開花

15日から「もみじまつりが」始まる熱海梅園で14日、早咲きの梅の花が咲いた。昨年より6日遅く、最近10年で3番目に早い。
敷地には464本の梅の木があり、早咲き品種は例年、11月中旬から12月に咲き始める。14日は市の担当者が、正面管理塔付近で八重寒紅(やえかんこう)の赤い花を1輪確認した。「日本一早い梅」と「日本一遅い紅葉」の競演が始まり、来園者は晩秋と新春を両方楽しめる。

ところで、この梅の木(八重寒紅=930番)にはドラマが秘められている。今年2月8日に熱海梅園を襲った大雪のことだ。雪と大風で高さ20mの松の木が倒れ、もらい事故で隣の八重寒紅と唐梅もなぎ倒された。都市整備課の市職員をはじめ、関係者はその2本の梅の木の折れた枝を切ったり、植え直したりして再生してきた。その八重寒紅がこの日、同園の今シーズン最初となる梅花を咲かせたのだ。
よく写真を見れば、花のそばに切った枝の痕が伺える。この木が枯れるのを半ば覚悟していただけに、だれもが開花を心底喜んでいるのだ。それも園内のどの梅よりも早く、もみじ祭り開幕の前日に。こんな話を思い浮かべながらこの1輪を観るだけでも、足を運ぶ価値はある。
(編集主幹)

ume201

熱海梅園の「八重寒紅」=11月14日

倒木今年2月8日の大雪で隣の八重寒紅をなぎ倒した松の木

DSC_8087ss枝を切るなどして再生した八重寒紅、この梅の木が一番咲き

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る