大型施設に耐震診断 市が対策本部

大型施設に耐震診断を義務付ける改正耐震改修促進法の成立を受け、熱海市は耐震改修対策本部を設置し19日、市役所で初会合を開いた。当面は市内で対象となる27施設へのヒアリング(聞き取り)を行い現状を把握しながら、法改正の円滑な施行に向けた対策の企画・立案を行う。同法に基づく対策本部が自治体に設置されたのは県下初。

 対策本部は斉藤栄市長が本部長、田辺国治副市長、渡辺昭信観光建設部長が本部長代理となり、観光建設部、市民生活部などが構成員、観光経済課、企画財政課などが事務局を務める。設置期間は来年3月31日までだが、状況に応じ延長する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る