西熱海町2丁目付近で断水 2時間半後に復旧も316世帯が影響

2月10日午後0時30分ごろから、熱海市西熱海町2丁目付近で断水が発生。午後3時ごろに復旧したが、316世帯が影響を受けた。熱海市公営企業部水道温泉課によると、原因は「堰(せき)下配水池の流入弁が故障し、その影響で配水池に貯水できず、残水量が空になったため」という。
(熱海ネット新聞)
■濁り水について「水の濁りについて、茶色の濁りにつきましては、解消いたしましたが、空気が水道水に混じった際には、白く濁ることがあります。
白い濁りにつきましては、使用上問題ございませんので、しばらくおいてからご使用ください」(熱海市)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-6-7

    ジャカランダとブーゲンビリアを教材に市民教室 講師はまち歩きガイドの会

    熱海市は6月6日、観光ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」を講師に招き、市民教室を開いた。…
  2. 2023-6-6

    暗闇に幻想的な光跡 熱海梅園「ほたる観賞の夕べ」開催中

    熱海市の初夏の風物詩「ほたる観賞の夕べ」(市観光協会主催)開催中の熱海梅園に、幻想的な光を目…
  3. 2023-6-5

    熱海サンビーチの砂浜 黒山のような人だかり、花火見物で

    熱海市の熱海湾で6月4日夜、熱海海上花火大会(市ホテル旅館協同組合連合会主催)が行われた。観衆は70…
  4. 2023-6-4

    熱海市街が爽やかな青紫に ジャカランダ・フェスティバル開幕 

    熱海市のジャカランダ遊歩道で初夏の風物詩「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2023」が…
ページ上部へ戻る