防災の日、大地震想定して防災訓練

熱海市は「防災の日」の1日、総合防災訓練を行った。相模トラフ沿いを震源とする大規模地震が発生し、大津波が来襲したとの想定で行い、市民や防災関係者など3000人余りが参加した。市指定避難所など17会場で、情報収集、避難所受け付け、津波避難、炊き出しなどの訓練に取り組んだ。

静岡県が6月末に公表した第4次地震被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿い、相模トラフ沿いで地震が発生した場合、熱海でも大被害が予想されるという。

県の被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿いで発生する地震・津波による死者は、県内で10万5000人、伊豆で約1万8000人。熱海市では津波で最大60人、山・崖崩れで同10人の被害が想定されている。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  2. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞クルーズ

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン)が…
  3. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
  4. 2017-7-22

    【観光】ウォーターパーク営業開始、 熱海サンビーチで安全願い神事

    熱海市観光協会は7月22日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」…
ページ上部へ戻る