防災の日、大地震想定して防災訓練

熱海市は「防災の日」の1日、総合防災訓練を行った。相模トラフ沿いを震源とする大規模地震が発生し、大津波が来襲したとの想定で行い、市民や防災関係者など3000人余りが参加した。市指定避難所など17会場で、情報収集、避難所受け付け、津波避難、炊き出しなどの訓練に取り組んだ。

静岡県が6月末に公表した第4次地震被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿い、相模トラフ沿いで地震が発生した場合、熱海でも大被害が予想されるという。

県の被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿いで発生する地震・津波による死者は、県内で10万5000人、伊豆で約1万8000人。熱海市では津波で最大60人、山・崖崩れで同10人の被害が想定されている。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催される8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  2. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  3. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  4. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
ページ上部へ戻る