防災の日、大地震想定して防災訓練

熱海市は「防災の日」の1日、総合防災訓練を行った。相模トラフ沿いを震源とする大規模地震が発生し、大津波が来襲したとの想定で行い、市民や防災関係者など3000人余りが参加した。市指定避難所など17会場で、情報収集、避難所受け付け、津波避難、炊き出しなどの訓練に取り組んだ。

静岡県が6月末に公表した第4次地震被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿い、相模トラフ沿いで地震が発生した場合、熱海でも大被害が予想されるという。

県の被害想定によると、駿河トラフ・南海トラフ沿いで発生する地震・津波による死者は、県内で10万5000人、伊豆で約1万8000人。熱海市では津波で最大60人、山・崖崩れで同10人の被害が想定されている。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月16…
  2. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
  3. 2018-4-19

    伊豆半島「世界ジオパーク」認定、ジオリアで記念式典 知事、15市町の首長が参加

    静岡県と伊豆半島ジオパーク推進協議会は4月18日、伊豆市にある展示施設「ジオリア」で「世界ジオパーク…
  4. 2018-4-18

    世界から1156本の応募 レッドカーペットは救世会館/熱海国際映画祭

    熱海国際映画祭実行委員会は4月17日、熱海市役所で記者会見し、市内で初開催する同映画祭(6月28日~…
ページ上部へ戻る