【社会】「初島沖に散骨、海水をまく」海洋散骨に変更 業者側が散骨場建設続行の回答 

熱海市熱海の山林に民間業者(株式会社DAICH、本社熱海市)が散骨場の建設を計画し、市が中止を求めている問題で、民間業者の代表が11日、市役所を訪れ、「当初の計画を変更する」とした文書を市に提出した。

新たな計画では「初島沖に散骨したうえで遺灰が入らないように採取した周辺の海水を竹筒に入れ、遺影や遺品とともにそれぞれの区画に埋める」としている。業者側は近く募集を開始、今年中に区画整理する方針。これまで業者側は「火葬した遺灰を水に混ぜて散骨する」方式を計画してきたが、市は遺灰が地下に浸透するほか、規模や管理からしても墓地にあたり、条例に基づき、経営許可を取るように求めていた。

また業者は初島沖の海洋散骨が認められない場合、海洋散骨の場所を伊豆大島沖に変更。市内の法人でだめなら、都内に所在地を移してこの計画を進める方針。

(熱海ネット新聞)

◇業者側代表「市のルールには従うし、争う気もない。(新計画は)遺骨はいっさいないので墓地埋蔵法に抵触しないと考えている」
◇熱海市「具体的な内容を確認して、来週中にも(業者側に)回答したい」

IMAG0243

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る