【市政】 タクシー降車場の駅改札口近くへの移動を要望 身障者福祉会

熱海市身体障害者福祉会の岩瀬輝美会長など4人が9日、熱海市役所に斎藤栄市長を訪ね、JR熱海駅前広場の改良の要望書を手渡した。

内容は①改札口近くへの障害者用乗降スペースの確保②タクシー降車場の改札口近くへの移動③「熱海ふれあい作業所」送迎車両のロータリー内への停車許可など。

また車椅子使用者からバスターミナルのスロープについて「こう配が急で、一人では上れない。無理すればひっくり返りそうで怖い」との声もあり、渡辺昭信観光建設部長は改善を約束していた。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る