熱海のまち歩きガイド養成講座がスタート

熱海市の本年度まち歩きガイド養成講座(初級)が13日開講し、14人がの受講した。今後、10月までに計8回開かれる講座で、熱海の魅力を紹介しながら市内の名所・旧跡を案内するガイドの基本的な知識と技能を学ぶ。

2008年度から毎年度、観光基本計画に基づいてガイド養成講座を開いているが、本年度の講座は「温泉」「歴史・観光資源」「熱海ブランド」などみ加え、受講生の要望を受けて実地研修を増やした。「伊豆半島ジオパーク」「熱海ならではの『もてなし』」をテーマにした特別講座も計画されている。

熱海市はこれまでにまち歩きガイド養成のために初級講座を5回、中級講座を1回開催し、延べ117人が受講。修了生の多くがボランティアガイドなどとして活躍している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  2. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
  3. 2021-7-28

    ブルネイのファダウス選手 インスタで入国あいさつ 熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪で熱海市がホストタウンを務めるブルネイ・ダルサラーム国のムハマド・ファダウス選手(25)が…
  4. 2021-7-28

    8月28日の「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」中止 全国的なコロナ感染再拡大で

    熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会は7月27日、新型コロナウイルス感染症の全国的な再拡大のため、8月2…
ページ上部へ戻る