【市政】異動職員196人に辞令交付 熱海市

 

新年度がスタートした1日、熱海市は定期異動に伴う辞令交付式を市役所で開いた。異動対象者は196人。女性管理職の比率が18.5%から21.2%に増え、今回初めて部長級の職員に女性職員を登用した。

 

新規採用は一般事務職11人、土木技術職1人、保健師1人、幼稚園教諭2人、消防職員が7人の合計22人。齊藤栄市長は「熱海市は新たな挑戦をしなければなりません。そのためには若い力が必要です。市民のために汗をかいて一緒に働きましょう」と訓示し、新規採用職員を代表して税務課に配属される工藤職員が「市民のために全力を尽くす」と宣誓した。
(熱海ネット新聞)

 

辞令交付式

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る