【市政】異動職員196人に辞令交付 熱海市

 

新年度がスタートした1日、熱海市は定期異動に伴う辞令交付式を市役所で開いた。異動対象者は196人。女性管理職の比率が18.5%から21.2%に増え、今回初めて部長級の職員に女性職員を登用した。

 

新規採用は一般事務職11人、土木技術職1人、保健師1人、幼稚園教諭2人、消防職員が7人の合計22人。齊藤栄市長は「熱海市は新たな挑戦をしなければなりません。そのためには若い力が必要です。市民のために汗をかいて一緒に働きましょう」と訓示し、新規採用職員を代表して税務課に配属される工藤職員が「市民のために全力を尽くす」と宣誓した。
(熱海ネット新聞)

 

辞令交付式

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  2. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  3. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
  4. 2022-8-5

    第二小5年の安斎くん、市長に優勝報告 静岡県学年別柔道大会V

    5月に静岡県武道館(藤枝市)で開かれた「第19回県小学生学年別柔道大会」(主催・静岡県柔道協…
ページ上部へ戻る