秘密裏に宮神輿渡御 鎌倉時代からの伝統引き継ぐ 来宮神社例大祭

来宮神社の宮神輿(みこし)保存会(山田康夫会長)は7月15日、新型コロナウイルス感染防止のため、規模を縮小して秘密裏に例大祭の宮神輿渡御(とぎょ)を挙行した。前日まで中止とされていたが、同保存会と祭典委員会役員らが午後1時半から本殿前で発輿祭(はつよさい)を開催。雨宮盛克宮司が神霊を宮神輿に遷してトラックで御旅所の親小公園へ運び、午後2時から神事を斎行し、トラックで神社をへ戻った。
例年は、午前9時に神社を出発し、宮坂を下り、咲見町、JR熱海駅、お宮の松、渚小公園、清水町、銀座町などの各氏子町内をリレー方式で巡り、最後の中継地・熱海郵便局からは厄年奉賛会の会員らに担がれ、宮入りする。
今年は、コロナの影響で鎌倉時代から続く宮神輿渡御が途絶えることが危惧されたが、水面下で伝統を引き継ぐ計画が練られ、異例の渡御となった。
(熱海ネット新聞)

来宮神社
渚親水公園小公園

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る