【まちづくり】初夏の梅園で草取り 梅園ボランティアが今年度の作業開始

 

日昼の気温が20度まで上がった17日、熱海梅園を陰で支える「梅園ボランティア」のメンバー5人と市職員、多賀観光協会スタッフが、入り口周辺のクマザサ緑地帯を中心に手作業で雑草取りを行った。

梅や桜が咲き誇っていた1カ月半前とは別世界のように園内は緑一色。思いのほか骨が折れる作業で参加者たちは何度も水分補給、汗をぬぐった。

 

同ボランティアは4月から12月の第3週に活動しており、今年度のスタートとなる4月は13日から19日に実施。ボランティア登録している16人がそれぞれ都合のいい曜日、時間帯を選んで作業している。

 

熱海市は、従来専門家に委託していた園内の軽作業を「梅園ボランティア」にお願いすることで、浮いた経費をより専門的な業務にあてているという。市都市整備課公園緑地室では参加者を随時募集している。

 

(熱海ネット新聞)

 

DSC_8573ss

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る