【まちづくり】錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置 熱海初の試み

日本釣振興会とNPO法人SEA WEB(安田和彦理事長=熱海港海釣り施設)は26日、錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置した。
アオリイカが産卵する海藻が減ってきたことから、産卵床を海に設置し、産卵しやすい環境を作り、数を増やすのとダイバーの誘客が目的。大熱海漁業組合と熱海市の協力を得て約40人が参加、今回初めて実施した。
産卵床は、姫の沢公園の桜の木の下に自生しているヒサカキを伐採し、高さ2~3メートル束にしたものを約20本使用。熱海港からボート2隻にダイバー18人が乗り込み、錦ヶ浦沖合約40メートル沖合の水深12メートルの海底でロープやチェーンを使って岩に固定、土のうを使って流されないようにした。
アオリイカの産卵シーズンはゴールデンウイークごろから始まり、8月中旬ごろまで続く。早ければ、2、3日後に産卵床に寄ってきて産卵が始まり、1回の産卵で2000個の卵を産むという。
日本釣振興会のダイバーたちは産卵床設置の作業を終えると海釣り施設の先端部分の水中清掃を行った。
(熱海ネット新聞)

釣り振興会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る