【まちづくり】錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置 熱海初の試み

日本釣振興会とNPO法人SEA WEB(安田和彦理事長=熱海港海釣り施設)は26日、錦ヶ浦の海底にアオリイカの産卵床を設置した。
アオリイカが産卵する海藻が減ってきたことから、産卵床を海に設置し、産卵しやすい環境を作り、数を増やすのとダイバーの誘客が目的。大熱海漁業組合と熱海市の協力を得て約40人が参加、今回初めて実施した。
産卵床は、姫の沢公園の桜の木の下に自生しているヒサカキを伐採し、高さ2~3メートル束にしたものを約20本使用。熱海港からボート2隻にダイバー18人が乗り込み、錦ヶ浦沖合約40メートル沖合の水深12メートルの海底でロープやチェーンを使って岩に固定、土のうを使って流されないようにした。
アオリイカの産卵シーズンはゴールデンウイークごろから始まり、8月中旬ごろまで続く。早ければ、2、3日後に産卵床に寄ってきて産卵が始まり、1回の産卵で2000個の卵を産むという。
日本釣振興会のダイバーたちは産卵床設置の作業を終えると海釣り施設の先端部分の水中清掃を行った。
(熱海ネット新聞)

釣り振興会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

離れの宿…ほのか 離れの宿…ほのか
渡辺耳鼻咽喉科

ピックアップ記事

  1. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
  2. 2019-3-22

    今年最高の21・3度 大湯間欠泉前のソメイヨシノ、一気に満開

    東京都心をはじめ、全国で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表される中、熱海市上宿町の大湯間欠泉前、…
  3. 2019-3-22

    熱海まち歩きガイドの会、10周年祝賀会 足跡と思い出つづり記念誌制作

    熱海市の観光地ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子会長)は3月20日、銀座…
  4. 2019-3-21

    壮観、川口健後援会が総決起大会 南熱海の向こう三軒両隣、総出で応援

    熱海市議選に立候補を表明している現職・川口健氏(51、自民)の後援会は3月20日夜、…
ページ上部へ戻る