【イベント】伊豆山神社の参道837階段登り、143人が踏破 「伊豆山の日」記念事業

伊豆山神社、伊豆山温泉旅館組合など伊豆山地区の8団体は26日、当地のシンボルである伊豆山神社の参道837階段を踏破するイベントを開催した。伊豆山の象徴である参道の魅力や歴史を発信するのが狙い。

1月23日が「伊豆山の日」と認定された記念事業で、市内外から参加した143人が踏破した。

伊豆山海岸沿いの日本三大古泉「走り湯」をスタートした挑戦者たちは、200m高台にあるゴールの伊豆山神社までそれぞれのペースで「きつ~い」階段を上った。

踏破者には本殿前で完了証明書や記念写真、オリジナルグッズが進呈され、神社の境内に特設された足湯に浸かったり、振る舞われた豚汁をすすったりして、達成感を味わった。

(編集主幹・松本洋二)

 
◇伊豆山の日 伊豆山温泉旅館組合が集客を図るため、1月23日を「伊豆山の日」にしようと発案。伊豆山神社、伊豆山地区連合町内会、伊豆山温泉観光協会、同温泉組合、伊豆山小学校PTA・伊豆山港多目的広場活用協議会、伊豆山をおもしろくする実行委員会、消防団が「地域の魅力を振り返る日」と位置づけて賛同、地域認定が実現した。

【写真】伊豆山温泉旅館協同組合(撮影)

837段踏破2

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る