【イベント】海辺のあたみマルシェ開催 市長参加で イベント来場者の避難誘導訓練も

 

「海辺のあたみマルシェ・クラフト&ファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)が9日、銀座通り商店街を歩行者天国にして開催した。

同マルシェは熱海の市街地の活性化を図ることを主目的に、伊豆地方の農作物の育成やクラフト品の創作活動をする人たちに発表と販売の場を設け、支援することをテーマにしている。

3回目の開催となる今回も伊豆周辺の野菜や惣菜を試食販売する「ファーマーズブース」、伊豆を拠点に活躍する作家の作品を展示販売する「クラフトブース」、買った食材をしちりんで焼いて味わえる「炭焼きブース」など約40店舗が出店。熱海銀座通りの商店も店前に露店を構えて加わり、多くの市民や観光客でにぎわった。
この日は熱海市の津波避難訓練が行われ、斉藤栄市長も参加してイベント来場者の避難誘導に取り組んだ。

(熱海ネット新聞)

 

 

和女子

 

DSC_6711ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-23

    【市政】まちづくり審議会、5年ぶりに発足 委員7人に委託状を交付

    第7回熱海市まちづくり審議会が8月22日、市役所で開かれ、齊藤栄市長が委員7人に委託状を…
  2. 2017-8-23

    【社会】湯河原町で女性はね、重傷負わす 運転していた熱海市職員逮捕 

    小田原署は8月21日、過失運転致傷の容疑で神奈川県湯河原町に住む熱海市職員の男性室長(43)を現行犯…
  3. 2017-8-23

    【観光】「縁結び花火」でさざえ祭りが幕 金と銀のナイアガラ、伊豆山彩る

    晩夏の熱海の風物詩「さざえ祭り&花火大会」最終日の8月2…
  4. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
ページ上部へ戻る