【イベント】糸川桜まつりが開幕 大塚商会名誉会長の大塚実氏が式典であいさつ

熱海市の糸川遊歩道で25日、「あたみ桜・糸川桜まつり」(主催熱海市観光協会)が開幕した。
この日に照準を合わせたかのように、糸川の沿道に植えられた54本のあたみ桜の全てが開花、多くの市民や観光客を喜ばせた。

初日は午後1時からドラゴン橋でオープニングセレモニーを行い、花の街づくり運動を推進する斉藤栄市長、あたみ桜の整備事業に多大な貢献をした篤志家の大塚実氏(大塚商会相談役名誉会長)、橋本一実県議らが来賓あいさつ。熱海芸妓衆があたみ桜を背景に舞いを、地元バンド・糸川ベンチャーズが演奏を披露した。
新柳橋ではミス熱海が桜茶の無料サービス、渚橋には花見を楽しめるように露店がでた。
期間中は毎夜、川沿いであたみ桜をライトアップする。点灯時間は午後5~11時。同まつりは2月16日まで。

(編集主幹・松本洋二)

◇大塚実・大塚商会名誉会長の話

「市長がこのままでは夕張市の二の舞になる、と話しているのを聞き、協力しようと思った。2007年に『梅園の梅と糸川の桜』に狙いを定め、7年間でここまできた。この時期に梅と桜が一緒に咲くのは熱海だけ。(植樹中の)ジャカランダに続いて今度はブーゲンビリアもいいかな、と考えている」

◇あたみ桜 台湾、沖縄のカンヒザクラと山桜の交配種で濃い紅色の花が特徴。明治初期にイタリア人によってもたらされた。熱海市は大塚商会相談役名誉会長の大塚実氏から寄付を受け、2009年から3カ年で遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備を行った。

芸妓糸川

sakura

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る