【イベント】糸川桜まつりが開幕 大塚商会名誉会長の大塚実氏が式典であいさつ

熱海市の糸川遊歩道で25日、「あたみ桜・糸川桜まつり」(主催熱海市観光協会)が開幕した。
この日に照準を合わせたかのように、糸川の沿道に植えられた54本のあたみ桜の全てが開花、多くの市民や観光客を喜ばせた。

初日は午後1時からドラゴン橋でオープニングセレモニーを行い、花の街づくり運動を推進する斉藤栄市長、あたみ桜の整備事業に多大な貢献をした篤志家の大塚実氏(大塚商会相談役名誉会長)、橋本一実県議らが来賓あいさつ。熱海芸妓衆があたみ桜を背景に舞いを、地元バンド・糸川ベンチャーズが演奏を披露した。
新柳橋ではミス熱海が桜茶の無料サービス、渚橋には花見を楽しめるように露店がでた。
期間中は毎夜、川沿いであたみ桜をライトアップする。点灯時間は午後5~11時。同まつりは2月16日まで。

(編集主幹・松本洋二)

◇大塚実・大塚商会名誉会長の話

「市長がこのままでは夕張市の二の舞になる、と話しているのを聞き、協力しようと思った。2007年に『梅園の梅と糸川の桜』に狙いを定め、7年間でここまできた。この時期に梅と桜が一緒に咲くのは熱海だけ。(植樹中の)ジャカランダに続いて今度はブーゲンビリアもいいかな、と考えている」

◇あたみ桜 台湾、沖縄のカンヒザクラと山桜の交配種で濃い紅色の花が特徴。明治初期にイタリア人によってもたらされた。熱海市は大塚商会相談役名誉会長の大塚実氏から寄付を受け、2009年から3カ年で遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備を行った。

芸妓糸川

sakura

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る