【イベント】糸川桜まつりが開幕 大塚商会名誉会長の大塚実氏が式典であいさつ

熱海市の糸川遊歩道で25日、「あたみ桜・糸川桜まつり」(主催熱海市観光協会)が開幕した。
この日に照準を合わせたかのように、糸川の沿道に植えられた54本のあたみ桜の全てが開花、多くの市民や観光客を喜ばせた。

初日は午後1時からドラゴン橋でオープニングセレモニーを行い、花の街づくり運動を推進する斉藤栄市長、あたみ桜の整備事業に多大な貢献をした篤志家の大塚実氏(大塚商会相談役名誉会長)、橋本一実県議らが来賓あいさつ。熱海芸妓衆があたみ桜を背景に舞いを、地元バンド・糸川ベンチャーズが演奏を披露した。
新柳橋ではミス熱海が桜茶の無料サービス、渚橋には花見を楽しめるように露店がでた。
期間中は毎夜、川沿いであたみ桜をライトアップする。点灯時間は午後5~11時。同まつりは2月16日まで。

(編集主幹・松本洋二)

◇大塚実・大塚商会名誉会長の話

「市長がこのままでは夕張市の二の舞になる、と話しているのを聞き、協力しようと思った。2007年に『梅園の梅と糸川の桜』に狙いを定め、7年間でここまできた。この時期に梅と桜が一緒に咲くのは熱海だけ。(植樹中の)ジャカランダに続いて今度はブーゲンビリアもいいかな、と考えている」

◇あたみ桜 台湾、沖縄のカンヒザクラと山桜の交配種で濃い紅色の花が特徴。明治初期にイタリア人によってもたらされた。熱海市は大塚商会相談役名誉会長の大塚実氏から寄付を受け、2009年から3カ年で遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備を行った。

芸妓糸川

sakura

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る