【イベント】朝採り生ワカメの詰め放題に長い列 伊豆多賀温泉「わかめまつり」

 

 

第29回「わかめ祭り」(多賀観光協会主催)が1日、熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で始まった。

地元多賀湾で採れた早春の養殖ワカメ、、メカブを全国に発信することで南熱海の集客につなげようというこの時期の恒例行事で風物詩として定着している。

今年は収穫が若干少なめだが、3日間でワカメ4トン、メカブ700キロを販売する。来場者にはワカメのみそ汁とメカブサラダがふるまわれた。

イベントの目玉は何と言ってもこの日の朝に収穫した生ワカメの詰め放題(1袋500円)で、市価より安くしかも美味しいことから観光客の人気を集めた。

会場では生ワカメ、生メカブのほかに干物、イカメンチ、ミカン、地場野菜、貝類、海産加工品なども販売された。

同まつりは3日まで行われる。

(熱海ネット新聞)

 

子ども詰め放題

 

 

 

袋入り

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る