【イベント】隠れた撮影ポイント、熱海港の食堂街も賑わう 忘年熱海海上花火

本格的な冬の到来を迎えた15日夜、「忘年熱海海上花火大会」が熱海湾で開催され、約1万3000人が観賞した。

強い寒気が入り込んだ影響で、静岡県内の観測地点の最高気温はのきなみ平年を下回ったが、熱海(網代)だけは12度と例年の温かさ。さすがに夜は冷え込んだものの、忘年会等で訪れた丹前姿の観光客が夜の街に繰り出した。

澄んだ冬空は花火撮影の絶好のコンディション。隠れた撮影スポットの熱海港近くの食堂街にも観光客や市民が駆け付け、次々に打ち上げらるスターマインや大玉、大空中ナイアガラをスマホのカメラに収めた。

次回23日(月・祝)は今年最後の海上花火大会で、クリスマスバージョンで開催する。

2013-08-08 20.33.16第八富士丸表

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る