【ゴルフ】ツアー3人目の初優勝からの2週連続Vへ4位発進 渡辺彩香

◇ヤマハレディース葛城第1日(3日・静岡県袋井市・葛城ゴルフ倶楽部=6540ヤード、パー72)
前週の「アクサレディス」で最大6打差をひっくり返してツアー初優勝を飾った熱海出身の渡辺彩香(20)=ユピテル=が、6バーディ、2ボギーの68で回り、首位に2打差の4位につけ、1988年のツアー制施行後3人目の初優勝からの2週連続Vへ順調なスタートを切った。

単独トップは6アンダーの66でラウンドした賞金女王の森田里香子。2位は前週優勝を争った沼津出身の藤田幸希と浜松出身の小楠梨紗が食い込んだ。

(熱海ネット新聞)

 

 

◇渡辺彩香の話
「難コースの葛城で60台で回れたは良かった。狙い通り、ロングホールで3つのバーディが取れたが、一番短かったパットを外したのが悔やまれる。みんなに『優勝したあとの試合が大事』と言われていたので、初日に4アンダーできて自信が持てた。あと3日あるが、2週連続優勝が狙える位置にいられるように頑張り、最終日にもっと頑張ります」

 

スタジオ彩香

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る