【ゴルフ】ツアー3人目の初優勝からの2週連続Vへ4位発進 渡辺彩香

◇ヤマハレディース葛城第1日(3日・静岡県袋井市・葛城ゴルフ倶楽部=6540ヤード、パー72)
前週の「アクサレディス」で最大6打差をひっくり返してツアー初優勝を飾った熱海出身の渡辺彩香(20)=ユピテル=が、6バーディ、2ボギーの68で回り、首位に2打差の4位につけ、1988年のツアー制施行後3人目の初優勝からの2週連続Vへ順調なスタートを切った。

単独トップは6アンダーの66でラウンドした賞金女王の森田里香子。2位は前週優勝を争った沼津出身の藤田幸希と浜松出身の小楠梨紗が食い込んだ。

(熱海ネット新聞)

 

 

◇渡辺彩香の話
「難コースの葛城で60台で回れたは良かった。狙い通り、ロングホールで3つのバーディが取れたが、一番短かったパットを外したのが悔やまれる。みんなに『優勝したあとの試合が大事』と言われていたので、初日に4アンダーできて自信が持てた。あと3日あるが、2週連続優勝が狙える位置にいられるように頑張り、最終日にもっと頑張ります」

 

スタジオ彩香

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

ページ上部へ戻る