【ゴルフ】渡辺彩香が通算2勝目 7バーディで大逆転

◇ヤマハレディースオープン葛城最終日(5日・静岡葛城GC山名=6568ヤード、パー72)
首位に5打差の4位からスタートした渡辺彩香(21)=ユピテル=が雨の中、7バーディ、2ボギーの67を出し、通算7アンダーで逆転で今季初優勝を飾った。昨年3月のアクサ・レディース以来の通算2勝目で、賞金1800万円を獲得した。
2打差の2位は前田陽子とイ・ボミ(韓国)。前日まで首位の藤本麻子は76と崩れ、通算3アンダーの4位に終わった。

◆渡辺彩香(わたなべ・あやか)1993年9月19日、熱海市生まれ。21歳。小4でゴルフを始め、2008年日本ジュニア優勝。埼玉栄高で10年関東高校選手権優勝。12年7月にプロ合格し、14年アクサレディスで初優勝。172センチ、65キロ。家族は両親と妹。生涯獲得賞金は1億1288万2010円。

 

今季初Vは、地元・静岡での優勝という二重の喜びとなった。飛距離は最大のアドバンテージ。そして、Vを引き寄せるパワーとなるのは闘争心だ。優勝がほぼ決まった、17番のティーグラウンド。前田のティーショットがバーディーチャンスにつくと、「狙いはセンターと思ったけど、私も最後まで攻めていく」と自らに活を入れる。最終18番でもバーディーを奪って、堂々の逆転優勝を飾った。

「ありがとうございます」を、2度繰り返した後、「地元の静岡で勝つことが、デビューの時からの目標のひとつ。特に、このコースは、ジュニア時代からお世話になりました。静岡県を盛り上げたい。でも、これまでは気持ちばっかり…。優勝できて、少しは成長したのかな…」と、ビッグスマイルをつくった。

不思議なことに、静岡県出身者が、静岡県開催トーナメントを勝つのは、今回が初めて。”庇を貸して母屋を取られる”ことに、きっと忸怩(じくち)たる思いだったに違いない。もちろん、それだけの準備はきっちりと行ってきた。とりわけ、アプローチは「誤差は、2ヤードまで」。練習場ではコース攻略のために連日、日暮れまで打ち込んだ。

今シーズン、開幕戦からショットの不調で、よもやの3試合連続予選落ちを喫した。それが前週の『アクサレディス宮崎』で解消する。プロアマ戦、同組で回ったLPGA相談役・樋口久子から、アドレスのアドバイスを受け、「自信をもちなさい」と背中を押された。優勝会見では、改めて、「樋口さんのおかげです。いただいたひとことで、(予選落ち)3試合分の不安が吹き飛びました」。

さらに、「4日間大会は、すごく好きです。今回は天気やコース、すべてがタフでした。にもかかわらず、優勝できたのはオフのトレーニングをしっかりとやったから。集中力が途切れなかった。もうひとつ。ドライバーをブンブン振ることしか知らなかった、去年までの自分とは違います」と続けた。渡邉の進化は無限大である。

◇熱海市ゴルフ協会・渡辺修一会長 渡辺彩香プロ逆転優勝おめでとうございました。貴女の活躍は熱海市民にとって励みになります。郷土の誇りです。これからもビックドライブで優勝を重ねて下さい。

 

b011b47ef3f0b886f27a8fc810276e5ec3c1eb14

文と写真=LPGA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜咲く糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る