【ゴルフ】渡邉彩香、初メジャーVへ1打差の3位発進 日米の大空中戦

◇今季国内4大大会第1戦ワールド・サロンパス・カップ第1日(5日、茨城GC(6605ヤード、パー72)
渡邉彩香(22)=大東建託=は4バーディー、1ボギーの69で首位に1打差の3位で発進。19歳でツアー未勝利の三ケ島かなと23歳で過去1勝のフェービー・ヤオ(台湾)が68で首位。1打差の3位は渡邉とともにに菊地絵理香、藤田さいき、横山倫子、李知姫(韓国)の4人。世界ランキング3位のレキシー・トンプソン(米国)はテレサ・ルー(台湾)らとともに70で8位。メジャー初Vへの期待が高まっている。

日米屈指の飛ばし屋が覇を競う、大空中戦
渡邉彩香、レキシー・トンプソンの同組対決に大ギャラリーが酔いしれた。LPGAツアー第1日の史上最多記録を更新した今大会だが、コースを取り囲む人の波を見て、目を丸めたのは、トンプソン。「なぜ? 今日は確か木曜日のはず。それなのにどうしてこんなにギャラリーがいるの」と驚いたそうだ。しかし、これはうれしいサプライズ。より多くの視線は、プロ冥利というものだろう。「各ホール、移動中にも私へ多くの声援があった。本当にうれしい。それに応えて、いいプレーをしようと頑張りました」という。

最高の見せ場は最後の9番。300ヤードのビッグドライブに成功し、第2打を4Iで、ピン9メートルにつけ、カップインした。イーグルで締め、世界の技を披露。「素晴らしいコースです。来日したばかりでちょっと疲れはあるけど、大丈夫。明日は、もっといいプレーをしたい」と満足そうだった。来日したのは2日。空港についてから、時差ボケを解消する目的で、「すぐにトレーニングジムへ行きたい」と係員にリクエスト。思い出したのは、ACミラン移籍が決まり、イタリア入りした本田圭佑が空港到着後、「ジムへ行く」とミランのフロントを感激させた伝説をつくったが、トップアスリートとはそういうものだろう。

一方、渡邉彩香も、この日、計測されたドライビングディスタンスで、トンプソンに続く2位。そうはいっても、「かなわなかった。でも、第2日も同組でプレーができる。楽しみですよ」と言葉を弾ませた。また、トンプソン同様、ギャラリーへの感謝を忘れない。「プロだから、たくさんのギャラリーが私をみてくださればパワーになります」と、感謝を込め、長蛇の列ができあがったサインを求めるファンへペンを走らせていた。
文と写真=LPGA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る