【スポーツ】今年の初ダイブは「水中茅の輪くぐり」 初島でケイズパブリック

熱海をベースにスキューバダイビングをサポートする「ケイズパブリック」(齋藤清賞代表)は2日、初島で潜り初めを行い、「水中茅の輪くぐり」を行った。

この日の初島は風波はあったものの、海中は穏やかで透視度は25m前後。水温16度。茅の輪の周りには、ご覧のようにムレハタタテダイ、コロダイ、イシダイ、イシガキダイ、アカハタ、メジナ…の大群、ニザダイ、アイゴ、キビナゴの群れ。参加者たちは心地よく初ダイビングを終えると餅つきやお節料を楽しんだ。

ケイズパブリックは初島、伊豆山、網代をベースにファンダイビングー、インターナショナルライセンス取得、インストラクター養成、器具販売などスキューバダイビングををトータルに扱っている。

茅の輪ダイビングminonaka

【写真】ケイズパブリックの海中茅の輪くぐり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る