【スポーツ】小嵐中跡地はスポーツ施設を要望 4団体代表が提案書を添えて市長に提出 

 サッカークラブ・アゴーラの棚沢永一理事長、熱海市サッカー協会の杉山誠一会長、同テニス協会の藤曲敬宏会長、同グラウンドゴルフ協会の原喜八郎会長が25日、熱海市役所に斉藤栄市長を訪ね、今春、統合により閉校する市立小嵐中の跡地に関し、スポーツ施設としての利用を求める要望書と提案書を斉藤栄市長に提出した。

 
小嵐中の跡地利用には、スポーツ施設のほかに企業誘致、住宅建設などの案もあり、斉藤市長は「熱海市にとって何が一番大事なのか考える必要がある。(要望を)今後の方向性を検討するために生かしたい」と語り、明言を避けた。

4氏は同日、高橋幸雄市議会議長にも同様の要望書を提出した。

(熱海ネット新聞)

010 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

ページ上部へ戻る