【医療】インフルエンザ「警報レベル」に 静岡県が警報

静岡県は6日、県内でインフルエンザの流行が拡大し、「警報レベル」に入ったと発表した。
今月2日までの1週間、139の医療機関でインフルエンザと診断された患者数は4479人となり、前週よりおよそ1000人増えた。1医療機関あたりの患者数が32.22人となり、大流行が発生しているおそれを示す「警報レベル」の30人を超えた。

今後1週間から2週間でピークを迎えるとみられ、渡辺耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニックの渡辺 修一院長は、手洗いなど予防を徹底するとともに、せきなどの症状が出た場合は早めの受診を呼びかけている。

(熱海ネット新聞)

 

なべイラスト

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る