【医療】インフルエンザ「警報レベル」に 静岡県が警報

静岡県は6日、県内でインフルエンザの流行が拡大し、「警報レベル」に入ったと発表した。
今月2日までの1週間、139の医療機関でインフルエンザと診断された患者数は4479人となり、前週よりおよそ1000人増えた。1医療機関あたりの患者数が32.22人となり、大流行が発生しているおそれを示す「警報レベル」の30人を超えた。

今後1週間から2週間でピークを迎えるとみられ、渡辺耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニックの渡辺 修一院長は、手洗いなど予防を徹底するとともに、せきなどの症状が出た場合は早めの受診を呼びかけている。

(熱海ネット新聞)

 

なべイラスト

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る