【市政】14年度の予算要求額は180億円、歳入見込み額を8億円超過で2役ヒアリング

来年度の予算編成に向けた熱海市の2役ヒアリングが8日、始まった。

14日までの間に斉藤栄市長と田辺国治副市長が各部課から要望などを聴いて事業の取捨選択を行うもので、初日は企画経営部による説明があった。

各部課の予算要求は既に出揃っているが、2014年度の歳入見込み額は172億円、歳出要求総額は180億円-と要求額が8億円上回っていることから、絞り込みを行う。来年度の予算案の発表は2月中旬の予定。

◇2014年度の主な予定事業

・熱海岡本ホテル跡地購入(3億9000万円)

・市庁舎解体と駐車場整備(2億2600万円)

・小嵐中校舎解体(2億1100万円)

・熱海駅前広場整備(1億円)

◇2013年度決算(一般会計)

・歳入 189億8406万円

・歳出 181億1968万円

しんしん

【写真】2役に予算の説明をする企画経営部の職員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る