【市政】14年度の予算要求額は180億円、歳入見込み額を8億円超過で2役ヒアリング

来年度の予算編成に向けた熱海市の2役ヒアリングが8日、始まった。

14日までの間に斉藤栄市長と田辺国治副市長が各部課から要望などを聴いて事業の取捨選択を行うもので、初日は企画経営部による説明があった。

各部課の予算要求は既に出揃っているが、2014年度の歳入見込み額は172億円、歳出要求総額は180億円-と要求額が8億円上回っていることから、絞り込みを行う。来年度の予算案の発表は2月中旬の予定。

◇2014年度の主な予定事業

・熱海岡本ホテル跡地購入(3億9000万円)

・市庁舎解体と駐車場整備(2億2600万円)

・小嵐中校舎解体(2億1100万円)

・熱海駅前広場整備(1億円)

◇2013年度決算(一般会計)

・歳入 189億8406万円

・歳出 181億1968万円

しんしん

【写真】2役に予算の説明をする企画経営部の職員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-24

    【市政】齊藤栄市長が出馬表明 無所属で4選目指す、来年9月市長選

    熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後…
  2. 2017-11-23

    【社寺】伊豆山神社宮司に原嘉孝氏(県神社庁副庁長) 新嘗祭で祝詞奏上

    伊豆山神社で11月23日、新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が斎行された。伊豆山地…
  3. 2017-11-23

    【社寺】来宮神社で御鳳輦奉仕者の引き継ぎ式 伝統の重みズシリ

    来宮神社の本殿前で11月23日、新嘗(にいなめ)祭神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕…
  4. 2017-11-23

    【社会】祝日前夜の熱海駅”閑古鳥” 東海道線の人身事故で一時ストップ

    11月22日午後8時31分頃、JR横須賀線の保土ヶ谷駅で人身事故が発生した。この影響で、同線は東京―…
ページ上部へ戻る