【市政】14年度の予算要求額は180億円、歳入見込み額を8億円超過で2役ヒアリング

来年度の予算編成に向けた熱海市の2役ヒアリングが8日、始まった。

14日までの間に斉藤栄市長と田辺国治副市長が各部課から要望などを聴いて事業の取捨選択を行うもので、初日は企画経営部による説明があった。

各部課の予算要求は既に出揃っているが、2014年度の歳入見込み額は172億円、歳出要求総額は180億円-と要求額が8億円上回っていることから、絞り込みを行う。来年度の予算案の発表は2月中旬の予定。

◇2014年度の主な予定事業

・熱海岡本ホテル跡地購入(3億9000万円)

・市庁舎解体と駐車場整備(2億2600万円)

・小嵐中校舎解体(2億1100万円)

・熱海駅前広場整備(1億円)

◇2013年度決算(一般会計)

・歳入 189億8406万円

・歳出 181億1968万円

しんしん

【写真】2役に予算の説明をする企画経営部の職員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る