熱海梅園に閑古鳥 緊急事態宣言追加で観光客も車も姿消す 例年の1割以下

東京、神奈川、埼玉、千葉に発令されていた緊急事態宣言の対象地域が11の都府県に拡大されて初めての週末を迎えた1月16日、いつもは観光客でにぎわう熱海梅園の人影はまばらだった。
全国的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響は大きく、熱海市内のホテル・旅館はキャンセルが相次ぎ、タクシーの乗務員からは「人通りが激減した。毎日がストレス」のため息。とりわけ、この2年余り、熱海の観光を牽引してきた10代、20代の旅行者が姿をぷっつり姿を消した。

この時期は日本一早い梅の開花ラッシュが始まり、熱海梅園は首都圏から訪れた観光客で混雑するが、来園者は例年の1割にも満たない。駐車場もご覧のようにガラガラ。梅園スタッフによれば、77回目を迎えた梅まつりでこれだけ人が少ないのは、初めてという。


それでも、園内の梅は例年以上の速さで咲き進んでいる。1月14日現在、園内に植えられた60品種469本(早咲き270本、中手102本、遅咲き97本)のうち、286本が開花している。早咲き種に限れば1・63分咲きで、見ごろが39本、5分咲きが18本、3分咲きが28本、2分咲きが49本。中手種も咲き始めている。

梅まつりは3月7日まで続き、新たな品種が次々に見頃を迎え、主役を交代していく。今年は人影がまばらな分、安心して花見が楽しめる。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る