【市政】人員で2万1655人、前年同月比10.42%増 1月の入湯税

 

熱海市が25日発表した1月の入湯税課税状況によると、課税者数(宿泊者数)は旅館・ホテルと寮・保養所を合わせた302施設で22万9393人。前年同月比で2万1655人、10.42%増加した。

 

課税額(宿泊と休憩の合計)は3516万5700円(前年同月比10.36%増)。課税額の前年同月比を地区別で見ると、熱海7・47%増、伊豆山23・17%増、泉2・61%増、南熱海(多賀・網代)28・26%増。
業種別の課税額の前年同月比は、旅館・ホテルが15.17%増、寮・保養所が12.04%減だった。

過去数年の1月の利用月別課税人員と比較すると、震災前と同水準となっているが、施設数は若干増加している。

 

(熱海ネット新聞)

 

コピー ~ 元旦3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る