【市政】新事実判明で岡本ホテル跡地購入棚上げ 「2000万円値引き」の可能性浮上

 

 

熱海市は28日、市議会総務福祉教育委員会協議会を開き、4月1日に予定されていた岡本ホテル跡地の購入契約を先延ばしすることを正式に決めた。

この日の協議会で斉藤栄市長が同跡地所有者の(株)ひまわりと値引き交渉した結果を報告することになっていたが、金額は明示せず、「最奥部との高低差が約5.9mあり、公簿面積より実測面積が50坪ほど狭まる可能性がある」と新事実を報告した。

 

市長は今月21日に新潟県湯沢町の同社本社を訪ねた際、新保光栄社長から初めてこの事実を知らされたといい、31日にも地権者立会いの下で実測し、価格を再交渉するという。

しかし、市長が「実測の結果で価格を上下させるつもりはない」と話すのに対し、議会側は「坪40万円、総額3億9000万円で購入を予定していたのなら、50坪狭まれば2000万円値引きできるはず」(米山秀夫議員=写真)と反論。ベースを3億7000万円に下方修正して、さらに値引きを求めていることから、破談になる可能性も浮上してきた。

 

市長の3億9000万円での4月1日契約に議会が「待った」をかけ、再交渉させたことが「50坪2000万円の上乗せ疑惑」をあぶりだしたことになり、議会のチェック機能が無駄な支出を防ぐ結果となった。

一方、市側は昨年4月18日に売買交渉に着手しながら、この事実を掌握できず、先方の言い値で購入を進めてきたことから失態のそしりは免れず、ひまわり側が「ゼロ回答はしたくないが、大きく下げなくては購入できないのであれば他に売却せざるを得ない」と主張していることもあり、市当局は苦しい対応を迫られた。

 

熱海市は同ホテル跡地購入費として、平成26年度一般会計予算に3億9000万円を計上していることから、予算の組み直しを求める声も出ている。

(編集主幹・松本洋二)

 

米山

答弁する斉藤市長

 

会議

総務福祉教育委員会(3月28日)

 

岡本傾斜地

傾斜のある岡本ホテル跡地

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る