【市政】熱海中体育館など2施設に太陽光パネル設置へ

熱海市は熱海中体育館と南熱海マリンホール、2施設の屋上を太陽光パネルの設置場所として熱海ガス(飯島信幸社長)と民間事業者に貸し出すと発表した。市は太陽光発電の普及を進めるため、市内の11の公共施設の屋上を太陽光パネルの設置場所の候補に決め、協力する民間の事業者を募集してきた。このうち熱海中学校の体育館と多目的施設の南熱海マリンホールの2つの施設の屋上を貸し出す熱海ガスでは、施設の屋上に合わせて400枚あまりの太陽光パネルを設置し、早ければ来年3月に発電を始めるという。年間発電量は一般家庭およそ30世帯分にあたる10万4000キロワットアワー。発電した電力はすべて東京電力が買い取り、事業者は市に対して屋上の使用料を払う。使用料は2施設で年間22万8000円。

写真=熱海市広報

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る