【市政】熱海中体育館など2施設に太陽光パネル設置へ

熱海市は熱海中体育館と南熱海マリンホール、2施設の屋上を太陽光パネルの設置場所として熱海ガス(飯島信幸社長)と民間事業者に貸し出すと発表した。市は太陽光発電の普及を進めるため、市内の11の公共施設の屋上を太陽光パネルの設置場所の候補に決め、協力する民間の事業者を募集してきた。このうち熱海中学校の体育館と多目的施設の南熱海マリンホールの2つの施設の屋上を貸し出す熱海ガスでは、施設の屋上に合わせて400枚あまりの太陽光パネルを設置し、早ければ来年3月に発電を始めるという。年間発電量は一般家庭およそ30世帯分にあたる10万4000キロワットアワー。発電した電力はすべて東京電力が買い取り、事業者は市に対して屋上の使用料を払う。使用料は2施設で年間22万8000円。

写真=熱海市広報

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る