【市政】電気自動車とハイブリッド車用の急速充電器の供用開始 長浜海浜公園

 

 

熱海市は8日、下多賀の長浜海浜公園駐車場でに設置した電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の「急速充電器」の供用を開始した。

午前9時~午後5時に利用でき、料金は1回500円。充電時間は最大30分。支払いはクレジットカードか専用カードが必要となる。

首都圏から100キロの距離にある熱海は、EVやPHVで訪れた観光客が補充を考え始める時期と重なり、観光振興とサービスを兼ねて設置した。

設置事業費711万円のうち、国や自動車メーカーなどから654万円の補助を受け、残りを運用する市振興公社が負担した。

市内の急速充電器設置場所は、ローソン熱海海岸店やホテルなどに4基あるが、市が設置したのは今回が初めて。

(熱海ネット新聞)

 

充電器長浜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

離れの宿…ほのか 離れの宿…ほのか
渡辺耳鼻咽喉科

ピックアップ記事

  1. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
  2. 2019-3-22

    今年最高の21・3度 大湯間欠泉前のソメイヨシノ、一気に満開

    東京都心をはじめ、全国で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表される中、熱海市上宿町の大湯間欠泉前、…
  3. 2019-3-22

    熱海まち歩きガイドの会、10周年祝賀会 足跡と思い出つづり記念誌制作

    熱海市の観光地ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子会長)は3月20日、銀座…
  4. 2019-3-21

    壮観、川口健後援会が総決起大会 南熱海の向こう三軒両隣、総出で応援

    熱海市議選に立候補を表明している現職・川口健氏(51、自民)の後援会は3月20日夜、…
ページ上部へ戻る