【政治】民主党、静岡県連会長に細野豪志氏が復帰

 

 

民主党県連(会長=榛葉賀津也参院議員)は17日、静岡市内で常任幹事会を開き、今期で会長を退任する榛葉氏の後任に細野豪志衆院議員を内定した。細野氏は平成15年6月から16年8月まで会長を務めており、2度目の就任。3月8日開催の県連大会で正式に決定する。

 

 

県連会長は、国会議員から選出されてきたが、県連内からは「開かれた党運営のため地方議員から会長を選出すべきだ」とする声が上がっていた。しかし、党本部との関係を考慮し、「党幹事長などの要職をこなしている細野氏に会長職を要請すべきだ」とする意見が多く、最終的に受け入れられた。

 

 

細野氏は党再生の足がかりともなる来春の統一地方選勝利に向けて、県連の陣頭に立って指揮を執る。

 

 

◇細野豪志氏の話
「全国の中で、静岡県から民主党が立ち直っていく。(関係が良好な)川勝平太知事の存在もあり、その下地は十分ある。最大の目標は統一地方選。県議の空白区をなくしていく」

 

 

(熱海ネット新聞)

 

コピー ~ 細野豪志

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る