【文化】「大樟」「起雲閣」の大作を市に寄贈 水彩画家・広田純男さん

3日まで起雲閣で個展を開催していた水彩画家の広田純男さん(73)が3日、展示していた水彩画2点を熱海市に寄贈した。来宮神社の大楠を描いた「古代からのメッセージ・大樟(くす)」(縦・横145センチ)と起雲閣の建物群を描いた「大正・昭和・平成 起雲閣」(縦51センチ、横260センチ)。展示会場で寄贈式が行われ、広田さんが斉藤栄市長に目録を手渡した。

寄贈作品は当面、起雲閣に保管。来年の元日から3日間、音楽サロンで展示する。

ヒロタ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-21

    1月22日から国宝「紅白梅図屏風」展 土日は熱海梅園との無料シャトルバス

    熱海市のMOA美術館で1月22日から3月9日まで名品展国宝 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展が開催さ…
  2. 2021-1-21

    曽我大橋の橋下付近で遺体発見 死後2カ月、性別、年齢は不明

    1月20日午前10時5分ごろ、熱海市熱海の曽我大橋の橋下付近で工事関係者が遺体を発見し、110番通…
  3. 2021-1-21

    糸川遊歩道のあたみ桜、1・36分咲きに 見頃が1本、5分咲きが3本

    熱海市は1月19日、糸川遊歩道と熱海梅園前市道のあたみ桜の開花状況(18日現在)を発表した。「あた…
  4. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
ページ上部へ戻る