【文化】「温泉、医療で地域活性化」 熱海のNPOリーダーが集結して地域活性セミナー

 

産学官連携の地域振興を目指す一般財団法人「地域活性機構」は5日、起雲閣で第5回地域活性連続セミナーを開き、会場が満員に埋まる150人が聞き入った。これまで4回のセミナーは法政大学(東京)で催してきたが、今回は同機構と協定を結ぶ熱海で開催。首都圏から多くの学生が駆け付けた。
セミナーでは、清成忠雄同機構理事長、斉藤栄市長のあいさつに続いて、渡辺耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニック(田原本町)院長で、同機構アドバイザーの渡辺修一氏が「温泉(観光)と医療(健康)-地域活性の視点から」と題して基調講演。熱海の活性化に取り組むニューリーダーによる「観光イベントによる地域活性の期待効果」のパネルディスカッションでもコーディネーターも務めた。

(熱海ネット新聞)

 

◇ワークショップに参加したパネリスト
・稲田達樹(熱海市観光経済課長)
・光村智弘(熱海ビーチクラブ代表)
・茶田勉(熱海百万ドル夜景復活計画実行委員会代表)

・市来広一郎(NPO法人アタミスタ代表理事)

・小倉一郎(NPO法人エイミック理事長)
・鈴木寿雄(オペラ歌手)
・学生代表(獨協大学)

 

IMAG3218-1

 

IMAG3215-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る