【文化】タウト氏設計の旧日向別邸の鑑賞方を紹介 太田隆士駿河大教授

 

 

「旧日向別邸」の維持・保存に取り組むNPO法人日向家熱海別邸保存会の副理事長で駿河台大教授の太田隆士さんが2日、起雲閣で「タウトとジャポニズム(日本趣味)」と題した講演会を開いた。

起雲閣で開催中(31日まで)の「タウトと旧日向家熱海別邸展」に合わせた企画で、同邸の地下室を設計したドイツ出身の世界的建築家ブルーノ・タウトについて解説した。

ドイツ文学を専門とする太田教授は「タウトの日記」から透けて見える当時のファシズムが急激に台頭してきたドイツの社会情勢や日本美術が注目され、西洋の作家たちに大きなな影響を与えたジャポニズムについて分かりやすく説明し、日本で唯一現存するタウト設計の旧日向別邸の価値を称えた。

(熱海ネット新聞)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る